プロミスがキャッシングの審査に求めているモノとは

プロミスの審査に通過するためには、収入がない月を出さないようにしましょう。
初めての利用者にもとても丁寧なサービス提供しているプロミスの審査は、よほどのことがない限り通過できないということはありません。
よほどのことというのは、別のキャッシング会社からすでに多数の借り入れをしている、過去にトラブルを起こしてから5年以上経っていない、無職で収入がまったくない、などのあまりない例です。
ではなにが求められているのでしょうか。


プロミスが求めているのは安定した継続的収入

プロミスだけでなく多くのキャッシング会社が、申し込みの条件を「安定した収入」にしています。
この「安定した」の部分の解釈を間違えている方がよくいらっしゃるのですが、あなたはわかりますか?
答えは、「収入の大小」ではなく「継続しているかいないか」という意味です。
もちろん、キャッシングを申し込む上で収入が多いに越したことはありません。
しかし、それが1年に2,3回100万円の収入があるよりも、毎月20万円の収入があったほうが信用度は高いのです。


金融機関でトラブルを起こすと何があるのか

「トラブルを起こしてから5年以上」と言ったことにも理由があります。
基本的に、プロミスなどキャッシング会社を含む金融機関と個人間の取引はすべて、信用情報機関という第三者機関によって数ヶ月から数年間は管理されています。
金融機関は、それらを自由に閲覧することができるので、彼ら相手に嘘はつけないということです。
そして、返済の遅延や延滞があるとその情報は少なくとも5年以上は管理されることになるので、審査に通過することが難しくなるというわけです。